最近の記事

2012年04月09日

弦に弓を置いてから弾くということ

3月に隣が空き部屋になって部屋で練習できてます。次の入居者が入るまでの間なのでいつまでも続く訳はないがしばらくは公園のチェリストはお休みです。

昨日は時間無制限で12時間以上は弾いたせいか体が痛いです。そのうち弾きたくても弾けなくなるので今のうちです。


これだけ弾いていてふと気づいたことがあります。

発音する時弓を弦に置いてから弾く。これは基本ですが、速い所でレガートとスタッカートが交錯する時にこれができなかったのでした。音は良いがコントロールが難しい私の弓は着地できないのでした。

ところが、弾き続けているうちにコツが掴めました。弦をしっかり弓で押さえるのではなく、優しく触れるだけにすることでした。

簡単なことでした。でもチェロを弾いて5年にしてようやく気づいたのでした。

ああ、でも今日これから弾いてみたらやっぱりできなかったりして!
posted by ダンベルドア at 20:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2012年03月30日

音の出し方に気をつける

例えば白鳥の最初のGの音はpですっと入りたいです。白鳥が水面に降りるごとく斜めにスーッと弓を下ろす。でも拍の頭からずれずに音を出すのは難しいです。

拍の少し前から聴き手に聴こえない音量で弾き始めて、その拍で聴こえる音に増大する。そうやるといいそうです。あとは音によって音量維持、抜く音は減衰。
場合によっては音を膨らませる。
弓を弦に乗せてから弾き始める時も同じ手が使えます。

なかなか難しいけどだんだんよくなってきます。この前のアリオーソはそうやって弾きました。

フィガロも弾いている4時間ずっとこの音の出し方考えていました。実はこれって元気な音の時にも取り入れられます。コンバスはズンと音を出す時こうやって弾いていたんだとやっと気が付きました。上手く聴こえます。何で今まで気が付かなかったのか。

昨日ペレーニの動画みていたらやはり同じことやっていると気づきました。

コンバスといえば先日の題名のない音楽会はコンバス特集でしたね。カラヤンがコンバスの音が先に聴こえるようにとオケにいってました。このことは昔から知っていましたが飛び出すのって勇気が要りますよね。

でもこのやりかたならやりやすい。
posted by ダンベルドア at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2012年03月19日

左に重心をかけて弾く

先月の公開レッスンの時に他の受講者の方が受けた言葉を思い出しました。

「楽器が体の外に感じるので体の重みを楽器に預ける」
「体の重心は左にかける感じで」
そして右のお尻の下だけにタオルを敷いてその感覚を掴む話も聞きました。

何で左なんだろうか?中央ではないのか。

そう思いながら弾いていたら、時として右側に傾きがちになる事に気づきました。

右側に傾くと一見楽なのだが楽器にへの重みが逃げがち。

左、左にと意識してちょうど真ん中になるのかも。

↓これはソル・ガベッタですが、この傾き方は参考になりそうな動画かも


http://celloyoutube.seesaa.net/article/258499666.html

posted by ダンベルドア at 00:39 | Comment(6) | TrackBack(1) | チェロ奏法

2012年02月18日

チェロバウアー

チェロを弾きながら、上体をぐっとそらせて、さらに頭をそらせてみた。つまりレイバック・イナバウアーの体勢。

チェロの音が変わります。というより変わって聴こえます。

何故ならば、普通はチェロの表の音を聴いているのに、この体勢だと表の音は聴こえなくなります。そして室内から反射している響きがよくわかります。

これは確認のためにやるのであって特にお薦めすることではありませんよ。

アヤしいから、やるなら誰もみていない所でやらないといけないですね。
posted by ダンベルドア at 22:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2012年02月07日

ハイポジションの弾きやすい体勢って

手が長くならない以上、チェロ全体を高くするか、チェロを寝かせることが考えられる。

チェロを寝かせるのは以前にやったが長時間弾くと腰が痛くなったのでやめた。とすればチェロ全体を少し高く構えるか?

今さらながら、いろいろ試行錯誤してみます。
posted by ダンベルドア at 21:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2011年09月01日

ロシアの弾き方

最近、知り合った方がロシアのサンクトペテルブルグに留学経験があるので、特徴を聞いてみました。

とにかくかなり弓を押し付けてべたーと弾くのだそうです。これに比べると日本人の弾き方はふわーっと弾いています。

この話を別の方にしたら、同意されました。この方はロシアではありませんがグルジアの方についていました。その先生も同じようにいわれつづけていたそうです。

同じ先生についていたM君は、やはりロシアがいいと現在ロシアに留学中ですが、彼も子供の頃から(といっても数年前ですが)徹底的にベタ弾きだったそうです。

他のロシアの方はどうでしょう?

私はどれがいい悪いはないですが、ロシアの曲を弾くときの参考にしようかな?

そういえばロシアの曲ってやったことなかったなぁ。


*****


そこで,今日の動画はロシアの方によるロシアの曲にしました。
以前はロシアというとロストロポーヴィチとシャフランが双璧だったのですが,ロストロポーヴィチだとロシアというより世界のという感じだし,シャフランは彼の個性が強すぎるので現代の方にしました。あ,でもこの二人もべた弾き?

チャイコフスキー;夜想曲/クニャーゼフ

posted by ダンベルドア at 19:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2011年08月25日

コンチェルトのチェロ

発表会の打ち上げで○○先生と、「力を抜けば大きな音がでる」「ピアノの音量にチェロは勝てるわけがない」のようなはなしをしておりました。
「コンチェルトでオーケストラとあわせる時はオケに埋もれないようにするのに大変でしょうね」と伺うと
「それは、作曲家がちゃんと聴こえるようによく考えて作っている。」
ということです。

でもそのことが役に立つ(自分がオケ伴でドボコンを弾く)ってないと思います。
posted by ダンベルドア at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2011年07月15日

首を振ると速く弾けない

誰も見ていない所一人で弾いていると、夢中になって体を動かしているのに気づきます。

ジャクリーヌ・デュプレがデビューしたとき「首を動かしすぎる」と批判されたと、映画をみて知りました。彼女はその後もずっと激しく首を動かしていたけどそれを止めたら彼女の音楽も変わってしまうのではないか。必要でしょう。

どちらが良いかわかりませんが、私がオケで弾いているときはおとなしくじっとして弾いているつもりでおりました。ところがビデオをみてみると頭が動いています。なんか余裕がなさそうですorz

そういえば以前、速く弾くところで、音に合わせて頭が動くと遅れるといわれました。

体がついていってないのでしょうか。意識してじっとして弾いてみると遅れにくいです。確かに速く弾けるみたいダッシュ
posted by ダンベルドア at 15:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2011年06月22日

カンニングボウイング

東京の某楽器店に寄った時、雑誌「ストリングス」がありました。この本は弦楽器専門誌なので弦楽器全般にわたっていますが、チェロは毎回N響首席の藤森亮一氏の記事が載っています。

そこに置いていたのをみると白鳥が取り上げられていました。
藤森さんが弾くボウイングとフィンガリングが全部書いてあります。

クライマックスでDをクレッシェンドするところで弓の返しがわからないようにして返すのです。(カンニングボウイング)その返すタイミングは五拍半ということが、こだわっているポイントだそうです。

それをやってみました。なるほど、この半というのがわからないように返すコツですね。今まで私は4拍半で返していたのですが、五拍半のほうがクレッシェンドが効くとともに弓が止まる瞬間を与えないのでよりスムーズです。

これを他の曲(ピアソラの)に応用したらこれも良かったです。

それから別の箇所で「ここではエッチなグリッサンドを入れる」とありました。
これは気になりますが、まだやっていません。エッチなってどうやったらいいんだろ。
posted by ダンベルドア at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2011年06月16日

あらためて気づいた速い音の鳴らし方

忘れないために書いておきます。

弓を細かく往復する速いところで弓を使いすぎると指摘されました。弓の速さが速すぎてかえって楽器が鳴っていません。
弓を動かす幅ですが八分音符は渋音符の半分、16分音符は八分音符の半分。これは自分が感じていたよりも短いものだとわかりました。

それから、16分音符も弓が弦と直角だと、軽くきれいに発音します。

これで16分音符もチェロの音が出せるようになったと思います。
posted by ダンベルドア at 19:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2011年06月13日

シフティングで跳躍音程を確実にとる

レッスンで初めていわゆる小品をみていただきました。

小品は譜面面はシンプルだがチェロで歌うには手応え十分なのです。

曲の一つはフォーレの夢のあとに。

最初のソドでシフティング(ポジションの移動の基礎)を復習。これをできるのに数週間かかりますといわれたのが2年前。いまだにいわれるということはできていないということ。

離れたポジションに移動するとき、確実に正しい音に着地する手順

1.押さえた左指の力を緩める。指は弦に触れているが弦は指板から浮く。

2.左指は弦に置いたままポジションを移動する。この時、弓の動きは止めない。自分にしか聴こえないかすかなグリッサンドの音を聴きながら移動する。

3.ガイドとなる指(通常は1)の音程が移動先の音になるところで左手の移動をストップし、左指を押さえる。

4.左指を押さえたら弓で次の音を弾く。


これで大きく離れた音の移動も確実に正しい音程でできる。

・この時スタートとゴールで左手の形を崩さない。指を伸ばして取らない。
・移動は等速度でゆっくり行う。


と、これだけのことなのですが、染み付いたクセがなかなか抜けません。
posted by ダンベルドア at 00:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2011年06月09日

指で弓を動かす

チェロのボーイングは基本的には弦と直角に直線で行って戻ってくる、簡単だ〜と初心者の頃は想像していたのですが、人間の体をその動きに合わすことはいろいろなコントロールされた動きの組み合わせでやっぱりとても高度なことをやっているとつくづく思います。
しかも弓の動きを摩擦で音に変えるのに車のクラッチをつなぐようなコツがいります。

「ハイドン三楽章をやっていると言ったら倉田澄子先生のレッスンビデオにあるよ」と知人が見せて下さいました。発表会は終わっていましたが。

そこで注目したのがスラースタッカートの練習で指の動きで発音を助けるやり方。私はうまくできませんがこの指の動きを他の場所でもやったら、音の立ち上がりの発音がとても良くなりました。オケで低音域で頭の拍を弾く単純な音符が生き生きとして我ながらたのし〜。

歩く時や階段を登る時、足首のスナップを利かせると速く、軽く歩けるのに似ている。(かな?)

でもここでのボーイングは手首でなくて指でした。

今まで自覚していた、ためらったようなミクロのタイムラグ。
これがない!
最初から楽器が鳴っている(気がする)


ボーイングは奥が深いです。
posted by ダンベルドア at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2011年05月30日

弓の持ち方を変えました

持ち方を変えたと言っても一言です。

「親指は薬指の向かい側」きらきら


今までは
「親指は中指の向かい側」
初めてチェロを習った時そういわれた気がします。その後今までレッスンでそのことにふれたことはなかったのですが、ある時「力を入れずにうでの重みをかけるにはどうしたらいいだろう。」と考えていたときに、あるブログの親指の位置についての記事が目に留まりました。

最初はちょっと違和感があったのですが、すぐ慣れました。

今までの持ち方では弓先で弦に重みを乗せるのは人差し指の担当です。この持ち方だと人差し指と中指の二本の指で重みを乗せられるのでめっちゃ楽です。
親指の長さは個人によって違うのでちょっと届かない方もおられるかもしれないです。せめて中指と薬指の中間位はいけると思います。

多少手首を左に傾ける方がしっくりきました。

以前にある方のボーイングを見たとき、弓のフロッグの丸いしるし(何ていったっけ?)が手に隠れないで完全に見えているなぁって思っていたんです。

丸い印が見えていたのは親指の位置だったのでしょうか。


もう一つの利点は移弦がしやすくなることです。試しにバロックのゆみのように弓のずっと中寄りを持ってみると威厳がらくになるのに気がつくでしょう。これは手と弓の重心が近づくために回転モーメントが減るからです。親指が薬指寄りになってもせいぜい1センチ程度の差ですが、体感上大きいです。

移弦は最小限に。ハイドン3楽章のレッスンで指摘されました。

隣の弦にふれないギリギリの角度の変化で医院です。

この事で弓先が重いと思っていた点は全く問題なくなりました。

この1ヶ月、この持ち方が慣れてきました。
posted by ダンベルドア at 21:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2010年11月20日

堤剛〜チェロのマスタークラス(5)顔を上げて

バッハの組曲第4番のジーグです・。

「あなたダウンビートとアップビートがみんな同じに聞こえますね。
みんな強拍になっている。4拍目で意識して顔を上げて弾いてください。」

ということで,受講者の方は各小節の4拍目で必ず顔を上げながらジーグを弾きました。〜(^・^)

すると,顔をあげた,4拍目は明らかに変化とふくらみが出て音楽が生き生きとしました。
オケでトップで弾くときはこうすることで回りに合図したりしますが,無伴奏で弾く自分自身にも動作の結果は出るのですね。
posted by ダンベルドア at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2010年11月12日

堤剛〜チェロのマスタークラス(3)右ひじ

チェロのための公開マスタークラス。もう一つ右手の技術についてです。

■右ひじを使う

ベートーベンのチェロソナタ第一番の第1楽章、最初の音です。G線とD線で ドファー と弾くところです。このドはアウフタクトでアップで入ります。ファで弓を返します。

「最初の4度と6度の広がりを感じて弾くこと。アウフタクトを弾くときにもっとひじが高い方が良い。ドとファの動作が続くことが大切。円を描くように。」

それから少し後のところですが,
「弓の速さが違うので途中で音色が変わる。アップで弾くときは腕で押していく。アップはフランス語でプッセ(押す)。」
これ聴いて思い出しましたが,のこぎりは日本ののこぎりは引くときに切れるのに西洋のは逆に押すときに切れるようになっていますね。押す動きは西洋人のほうが得意なんでしょうか。(堤先生がのこぎりの話をしたわけではありません)

また,別の受講者ですが,バッハの組曲4番Preludeでは
「ダウンとアップのときの弓の角度が変わっている。それでちょっと音質が変わる。そうならないようにするには腕を使う。手首でやろうとしないで腕でボウイング。」

これらに共通しているのはボーイングのときの腕とかひじの動きですね。指先や手首だけを動かそうとしても無理ですが,意識はもっと元の腕やひじに来るんですね。
円運動はそこから動かそうとしないと無理ですから。
私もレッスンでよく言われます。そしてひじや手首をつかまれてボーイングの動きをします。よく言われるってことはなかなか身についていないってことですね。今後も身につくまで気をつけようと思います。


posted by ダンベルドア at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ奏法

堤剛〜チェロのマスタークラス(2)弓の速さ

チェロのための公開マスタークラス。引き続き右手の技術についてです。
曲はバッハの無伴奏チェロ組曲第四番アルマンド。

■意識的にの弓の弾き始めの速さをゆっくりと

「滑らかに弾こうとしても4つづつ聞こえる。理由は弓を返すときに弓のスピードが変わる。同じスピードで返す。

ボーイングがうまく出来るコツは、いかに最初の動きがゆっくりできるか。
たいていの人はストロークの最初が早くなってしまう。」

受講者が弾くとすぐに良くなりました。素晴らしい。黒ハートぴかぴか(新しい)

この次の日、さっそくアルマンドを弾いてみました。やはり私も均等に音がでていませんね。あせあせ(飛び散る汗)
どうも通奏低音で抜く動きを引きずっているような気がします。


弓の初速をゆっくりと心がけて弾いてみるとうまく均等にいきました。中が膨らむのではないかという心配もあったのですが、意外とそんなに膨らまないものです。

これには他の曲にも応用できました。カヴァレリア・ルスティカーナの纏綿と歌うメロディーを「弓の弾き始めをゆっくり」と心がけたら今まで以上に吸い付いたボーイングでたっぷり歌うことができました。ひらめき
posted by ダンベルドア at 00:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロ奏法

2010年11月10日

堤剛〜チェロのためのマスタークラス(1)~右手の技術

チェロのためのマスタークラスの中から,今回は右手に関しての伺ったことです。

■弦に当たる毛の量

一通り受講者に堤先生が質問し,作曲家の傾向についてアドバイスした後にこうおっしゃいました。
「それから、弓の返しを見ていて気づいたけど、あなた手元でも弓先でも弓の角度が同じですね。(弦に当たっている弓の量が同じ)手元は腕の重さで音を出す。弓先は重さだけではいかないので圧力を加える。元でも先でも同じ分量の音を出したいという命題がある。手元は楽に音が出せるので毛の分量は入らない。先は弓の角度で毛の分量を変えて結果同じ分量の音になる。
 大事なのは、その人の技量は弓先でどれだけ音量がでるかである。」

このことは初めて聴きました。なるほどいわれてみればそうですね。みんなそうしているんでしょうか。気がつきませんでした。確認のためいろいろな人のビデオをみたのですが角度を変えているのか良くわかりませんでした。

私自身ちょっと試してみましたが,弓先でしっかり発音させるのが楽になった気がします。

タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 00:02 | Comment(6) | TrackBack(0) | チェロ奏法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。