最近の記事

2010年04月12日

1日チェロアンサンブルの練習

日曜日。午前中は芸文でチェロアンサンブルの練習。
今年は何をやろうか?ということでまずチャイコのアンダンテカンタービレと,パッヘルベルのカノンをやってみました。
どちらの曲も皆さん初見に近く,最初はばらばらでしたが,何回か弾いているうちに美しくまとまる瞬間があります。
みんなは飲み込みが早いです。
まだ,少しいろいろな曲をやっていくつもりです。

午後は1000人のチェロコンサートの分奏で神戸に行きました。
場所は通販会社の立派なホールです。
この会社は,過去の1000チェロのコンサートの記念グッヅを製作されたのを機会に社内にチェロアンサンブルのサークル活動ができました。全員初心者から始められたようですが,現在10名以上の部員がいるそうです。この日もこの部員の皆様が参加されていて,いろいろお世話もしてくださいました。素晴らしいです。

HI3B0579.JPG









さて練習ですが,広いホールで4,50名くらい参加されていました。
けれど私のパート2は私一人!お蔭でソロで弾かせていただいた部分もありました。1stのトップはプロの南村潤さんが参加されていました。その隣で弾かせていただいたので,とても弾きやすく助かりました。
14曲全部を一通りやって,4時間の練習はあっという間に終わりました。

練習のあと,場所を社内の別の場所に移して壮行会をやりました。初対面なのに,みんなで飲みながら愉しくお話させていただきました。チェロをやっている人ってすぐに打ち解けてしまうのが本当に不思議です。
さらに,隣の市に住んでいる方に帰りに送っていただいて,本当にありがたいです。
HI3B0580.JPG
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 00:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年04月02日

千とちえろの神隠し

今日は本当の話です。

実は…

私は自宅は神奈川県なのですが、かねてより兵庫県に単身赴任しており、まる2年が経ちました。
3月は人事異動があるので、もしかしたら転勤になるかもしれません。そうなるとオケやアンサンブルは退団、元の日曜無伴奏チェロ生活に戻ります。

結果は今回は異動なし。続投です。

残念な反面、周りの人からは喜ばれたりして複雑です。

さてそこで、今まで保留にしていた、5月に広島で行われる「1000人のチェロコンサート」に申し込みました。これは1000人が参加するチェロアンサンブルのコンサートで今回が第4回目です。私は初参加です。


今日楽譜が送られてきました。2ndです。

やった〜。内声が弾ける!

でもよく見たらほとんど1stと一緒(12声の時の2ndなので4声では1st)
1stの楽譜は以前に出演者から頂いていましたので一応弾いていましたが,・・・

ト音記号が多発ですね。


でも人数が多いから楽かなぁ。?

遅ればせながら,明日初めての練習に行ってきます。


P.S タイトルは単なる戯言です。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年03月08日

チェロも人生も脱力?

チェロを弾く上で脱力は本当に大切。これができないと、長年弾くとすれば体も傷める。とは今まで何度も書きました。

とは言っても奏者の力と意志を大きな音のエネルギーに変換するのだから入る力は入っているはず。僕自身は、弓が替わったこともあるが、弓先が弦に加わる力は強くなったと思います。

仕事も人生も同じですよね。いつものんびり気楽にばかりやっていられない。力が入ってもそれが成果に表れていれば、いくら力を入れても忙しくても疲れないです。

何のためにやっているかわからないで、やっていることは力が入って疲れます。それこそ手を抜いてでも脱力しょうかと思います。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年03月05日

動画でわかる自分の癖

オケの本番のDVDが出来たので見てました。

今回はチェロは下手の方(左手の奥)1st.vnの隣という位置。2プルート目だが,ひな壇にのっていて,正面から自分の演奏やボーイングが良くわかります。

自分では意識していないくせも良くわかる。

左手のひじはもっと上げたほうが良いような気がします。
斉藤秀雄先生はとにかく左手のひじはうるさく言っていたようです。

それとよく首を振っている。
まあデュプレほどじゃないですが,余裕がなさそうに見えます。

どちらも直さなくても良いのかもしれないが,弾きやすくてかっこよく見えたほうが良いのだから姿勢は研究してみようと思います。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 00:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年02月22日

息の使い方

息の使い方で演奏が変わるらしい。

ハイポジションに跳躍するときに効果があるらしい。

今度試してみます。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年02月17日

音程は手が覚える

音程は適当に押さえて瞬時に修正ばかりでは間に合わない。

特に親指ポジションは間隔が狭いのできっちり手の形を作らないと。



練習しようっと。
posted by ダンベルドア at 20:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年02月12日

相当な弓の圧力

弓を力で押し付けないで,

つり革につかまっているように腕の重さで・・・

などといわれるが,独習してたときはそれを誤解して腕の重さではなくて弓の重さでしかなかったように思う。

プロを見ていると確かに脱力して軽がるとボーイングをしているが,弓が弦に当たっている力は弓先でも相当なものらしい。

他のアマオケいろいろ聴いたけど,行って気づくのは人数の割りにチェロの音が聞こえない。

プロは音量が違う。

フォルテ,ピアノにかかわらず,もっとしっかり音を出さないといけないと気づいたのは最近のこと。
弓先でもしっかり弦を捉えられるようになってきているのは本当に今年になってからのこと。
楽器がそれに答えてくれるのはそうやって2時間弾いた後。

日曜無伴奏チェロ弾きはまだまだ進歩が遅いです。
posted by ダンベルドア at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年02月11日

カガミ

弦楽器で弓と弦の角度は直角であることが重要。
直角でないと弓が流れる。(弦に当たる場所がずれる)
弾いていると上の方から見るから角度がわかりにくい。

離れたところからみるとわかりやすい。自分のを見るにはカガミでみればよい。実家には巨大な姿見があって良くわかったのだが・・・

ネットで大きな鏡を探すといろいろなプラスティックなどの素材のカガミがあって扱いやすそう。価格は結構たかい。2万円近くする。

100円ショップに行ったら30センチ位のカガミがあって,ちょっと離れれば結構広い範囲が映りそう。
かえって写してみたら確かに良くわかる。でもボーイングの全体は映らない。何個か買って継ぎ足そうと思う。
posted by ダンベルドア at 00:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年01月17日

チェロの練習が出来ない

いろいろ事情があってチェロの練習がほとんど出来てない。

たまに弾くと悲痛な音である。

かつては10年くらい弾かなくてもどうということはなかったのだけれど,(実際30年弾かなかったのだけれど)今は1週間弾かなくてもなんか後退しているような気がする。

弓が変わって弾きやすくはなっているのだけれど,新しい鳴り方に自分があわせていけてないのもあるかも。
posted by ダンベルドア at 22:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年01月13日

スイートスポットがわからない

音程が合っていれば楽器が良く響く。
外れると響かない。

開放弦が共鳴することもあるし,楽器自体も正しい音程を覚えている。

ところが最近良くわからない。

弓替えてから音程を外してもよく鳴るんだもん。というか音色があまり変わらないんですね。

耳で確かめればいいんだけれど絶対音感がないからハイポジションではだんだんずれてくる。
posted by ダンベルドア at 00:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年01月08日

久しぶりに

風邪を引きました。
3〜4年振りかな。

一昨日くらいから調子悪いのがわかっていました。
今日は午後から熱が出てきました。
ついに新型インフルエンザかも思ったけど,検査の結果はシロ。
普通の風邪です。
といってもきついので早退してしまいました。家に帰ってすぐ寝ようかと思ったけど,薬飲まなければならないので食事作って,その間に○○○を○○てたら2時間。調子が良くなってきたのかも。
posted by ダンベルドア at 22:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年01月05日

チェロの弾き初め

チェロの弾きぞめは今朝のこと。

ハイドンの協奏曲第一番を弾きました。といっても10分しか時間なかったよ。

夜はオケ。
楽器が厚い音が出るようになったので、とても合わせやすくなりました。
楽になりました。
posted by ダンベルドア at 21:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロの練習

2010年01月03日

お正月

明けましておめでとうございます。

お正月といっても特別なことはしてません。

帰省中はチェロを持っていかないので、ギターで無伴奏チェロ組曲の6番を弾いています。結構チェロで弾くより難しかったりします。

今年は音が変わります。

・・・とチェンジの宣言

それと、末永く90歳過ぎても健康でチェロを弾き続けるためには、やはり脱力を真剣に考えないとと思っています。

チェロを弾いている時は仕事やお金やいろいろな悩みを忘れています。
癒しです。ガス抜きです。
それが一番大きな目的です。

チェロを弾くことが悩みにはなりたくないです。

今年もよろしくお願いします。
posted by ダンベルドア at 00:59 | Comment(10) | TrackBack(0) | チェロの練習

2009年12月31日

変化はあったのか

今年も終わりです。

昨年末には3つくらい変化があるでしょうと書いたけど,どうでしょうか。

ここでは仕事や家庭のことは別にしてチェロ関連について振り返ってみます。

去年までは独学でした。今年は頻度は少ないのですが,レッスンを受けるようになって基礎的なところの変革があったと思います。まだまだ発展途上です。

二つめは自分から発表の機会を持ったことです。
月1回のライブハウスでの演奏。そこでのピアニストを初めいろいろな楽器の人とご縁を持つことが出来ました。
そして,市内のレストランやカフェ3軒をチェロ一人で回って弾いたこともありました。
これだけ場数を弾いていると,つっかえようが音程が外れようが頭が真っ白になるなんてことはなくなってきました。

3つ目はチェロアンサンブルの機会でチェロの仲間がさらに増えました。ル・クールチェロアンサンブルも倍の8人になりましたし,スポットの西日本チェロアンサンブルも遠方からの仲間も含め2回出来ました。来年も機会を設けたいと思います。

多重録音のエピファニー・アンサンブルも何回か録音しました。ここでチェロアンサンブルとせずに,ただアンサンブルとしたは,違う楽器との多重録音も考えているからです。少し編曲もして行きたいと思います。

この1年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 01:06 | Comment(13) | TrackBack(0) | チェロの練習

2009年12月30日

しびれ対策

左手の痺れはピュアブリランテでひとまず解消するかもしれません。

サラバンドはしつこく練習をやっていて少し進展が出てきました。

こうなると欲が出てプレリュードも何とかなるかもしれないと思うようになってきます。

さてカサドコンクールの配信は毎日見ています。まもなく終わってしまいますので全員の演奏は結局みられなくなってきました。

バッハを集中して並べて聴いていると,人それぞれの違いと長短が見えてきました。他山の石としたいです。
posted by ダンベルドア at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロの練習

2009年12月29日

左手がしびれる

なぜかわからないが,昨日からチェロを弾くと左手がしびれる。

音のエネルギーが全部左指に伝わって,チェーンソーを引いているような振動が左手をしびれさせる。

弓を変えて音の出方が変わったせいなのか,組曲第6番を弾き続けたからか,あるいは楽器の調整の問題なのか,良くわかりません。

姿勢とかは今までどおりだと思います。

とりあえず駒の位置を少しづつ変えたりしています。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 00:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロの練習

2009年12月20日

寒くてハードな練習

今日は1日中バッハの無伴奏チェロ組曲の練習。

やはり6番はハードです。
親指多すぎ。
なんかぐったり疲れてしまいました。

レレレのプレリュードは,難しい。
ミミミのところが音がずれてくる。

サラバンドは重音を美しく,ドラマを持って弾くのが難しい。
やはりお借りしているこの弓は強力です。
午前中はかえってこの弓の扱いで疲れたが慣れてきたら発音は楽だし,音量も出てきました。音色も今までにない音です。
弓も弾きこむと音が変わることに気がつきました。

そして気分転換に3番や4番弾いたり,A線を緩めて5番を弾いたり。

そしてハイドンのコンチェルト。これもいくつか容易に弾けるところが出てきました。あ,でもこの弓はまだ借り物ですから,ずっと使うかわかりません。

それにしても寒い。練習中はエアコン暖房をつけません。夕方になってきたら冷えてきました。気がつけば部屋の中で鼻水が出てくる。
この部屋に引っ越してきてから,こんなに寒かったことはないです。

最後にクリスマス曲をカラオケで弾いておしまい。8時間以上は弾いていたかも。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 23:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロの練習

2009年12月19日

のだめの言葉

「楽しんで音楽やって何が悪いんですか」

「君は人に聞かせたくないのかね」

のだめの映画が始まるということで,二日にわたってヨーロッパ編の再放送をやってますね。

3年前のだめのテレビを見たときにこの言葉も聴いたけど,チェロは独習でいつも一人で部屋で弾いて自分に聞かせていた。ブログで録音はアップしていたけどね。

今はいろいろ人前で弾く機会があって本当に楽しいです。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 23:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | チェロの練習

2009年12月11日

毎朝ダメだし

kitanotemmangoo.jpg
【北野天満宮;御土居】

バッハの無伴奏チェロ組曲を発表会で弾くことに決めたのですが、実はまだ選曲では迷っています。

練習を始めたのですが・・・。
やはり第6番を4弦のチェロで弾くのは難しいのか。

う〜ん。ちゃんとさらおうとするとダメなところだらけ。
毎朝,弾いては自分にダメだしして,すぎていきます。
親指の音階を徹底的に繰り返して左手の形を身につけないといけないですね。

右手は楽器を鳴らしていない,響かせていない,こわばっている・・・

ハードルが高すぎるかな。

1ヶ月しても弾けなければどうしよう。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロの練習

2009年12月07日

違いは

嵯峨街並.jpg
【苔】

チェロを弾くときに,違いが出るのは右手の問題が大きいですね。

左手はビブラートでしょうか。

タイミングや強弱,発音。
レッスンの時間のほとんどは右手に関することが多いです。

本当にこれらのことを今学んでいなければ,何年たってもいまいちの演奏しか出来なかったと思います。

ただし,周りに気を使う今の部屋の環境だとどうしても右手がセーブされて萎縮した弾き方になるので,これでは練習したことにならないです。公園で弾くとその点は気にしなくていいのですが,響きがないですね。また練習室を使うことを考えないといけないなぁ。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 00:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロの練習
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。