最近の記事

2008年05月31日

人間ドック

 人間ドックに行ってきた。
要するに少し詳しい健康診断である。

当日は朝食を抜いて,クリニックに行く。
身長体重体脂肪視力聴力から始まりレントゲン,エコー,採血などどんどん進む。
胃のバリウム検査でげっぷを我慢し,最後に体力測定までしてきた。
前屈を図ったら体の柔軟性がなくなっている。

町で時間をつぶして,結果を聞きに戻った。
ちょっと脂肪肝気味と腎臓に結晶があるが一応異状なしと。

ほっとする。
バリウムが固まらないように下剤を飲んだので終日トイレで苦労する。
posted by ダンベルドア at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月28日

竜巻にあった

 竜巻にあいました。

真っ黒い渦が近づいてくるのが見えます。
今まで行ったことのない知らない町です。

家族4人で近くの店に避難しました。


どんどん近づいてきた竜巻が突然オレンジ色の色の炎になりました。

火炎竜巻です。


顔が放射熱で熱くなります。


この前の日曜日の朝見た夢の話です。
竜巻の夢は2回目。
1回目はビルが崩れながら飛んでいるのが見えてすごい迫力だった。

私の夢は時々スペクタクル映画並みの体験をします。
飛行機が落ちるのを目撃する夢は3回見ました。

3回目は今年の3月でした。
目の前で落ちて恐ろしかった。

そうしたら4月に伊丹に来て毎日飛行機が飛んでいくのを見ています。
posted by ダンベルドア at 01:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月25日

お酒の仕込水

 昔,たびたび尿路結石が出た。
一番最初出たときはあまり痛くて驚いたものです。
原因はいろいろな説があるらしいけど,とにかく尿中に結晶ができて尿管を詰まらせるものです。

 水をたくさん飲んで尿の濃度を下げたほうがよいのですが,私はほとんど水分を取らなかった。

 今は水をたくさん飲んでいます。
東京にいるときは通販でかうコントレックスだったけれど,今は通勤途中にこんなものがあります。

老松丹水.jpg

「お酒を醸る(なんて読むのかなカモル?)仕込水です。どうぞご自由にお持ち帰りください」と書いてある。地下95メートルから汲みあげた水が垂れ流しで出ています。

 伊丹は清酒発祥の地らしいので清酒会社が多い。
コントレックスと違ってくせのない水だが毎日飲んでます。
 まだこの水で作ったお酒は飲んだことない。

 この町のスローガンは「乾杯は伊丹の酒で」だからビールではなくまず日本酒で乾杯するそうです。
posted by ダンベルドア at 00:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月23日

板壁

勤務先のある伊丹は飛行場のイメージが強いが,それは旧市街のはずれの川向こうにあって,昔は清酒発祥の地として栄えた。
 
旧市街の中心地は酒蔵をイメージした建物が多いが普通の民家でも趣のあるものが残っている。

伊丹民家.jpg

この家は表は京都辺りではどこでもあるような趣のある家だ。あえて側面を撮った。道路に面しているのに窓も入り口もなく,木の板壁になっているのが壮観です。 
posted by ダンベルドア at 00:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月20日

これは会社です

 ある日の出張は岡山と倉敷。
倉敷といったら美観地区。ちょっと寄ってきました。

左へ行っても右へ行っても時代を超えた町並みが残っています。
ちょっと観光を意識したところがあるのですが,これは普通の会社のようです。

画像 064.jpg

証券会社です。

そして表に回るとチョークで板書が

画像 065.jpg

「当面の相場見通し」なる文章が手書きで書かれています。
やはり建物やこの黒板を見るとどこにでもある証券会社と違うようだ。中はIT化されているのだろうか。
posted by ダンベルドア at 23:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月19日

これ何の建物?

 西日本街角探訪シリーズ第3回
・・・・・・そんなんいつ始まったん?(笑)

これも大阪北浜です。


オフィスビルの中,古い宿場町にでもありそうなこの建物に,正直びっくりしました。

画像 210.jpg

これは大阪府立の幼稚園。

明治13年創設。大阪で一番古く日本でも3番目に古い幼稚園だそうです。
こういうところに通う幼稚園生活はどんなんでしょう。
公立だから誰でも通えるのかな。

今調べたら先週一般公開があったとか。
posted by ダンベルドア at 22:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月18日

このビルも古そう

これのビルは前の記事に書いた「五感北浜本店」の隣の交差点にあった。
kitahamasanmarukukafe

これは,ちょっとすすけたようなビルの古さと現代のベーカリーカフェチェーンがちょっとミスマッチ。

カフェの看板の上に元々の看板の跡が残っているが,これにあわせた方がよかったのに。
posted by ダンベルドア at 00:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月16日

スイーツの店

大阪の北浜にある五感北浜本店というスイーツの店。
画像 204(1).jpg
大正11年の歴史的建造物だそうで外も中もタイムスリップしたような雰囲気。外はヨーロッパの老舗の風情か。

中にはおいしそうなケーキが並んでいました。


その後「堂島ロール」で有名な「モンシュシュ」の本店に行ったのですが,平日の昼間だというのに50人くらいの行列ができているにびっくり。
しかも並んでいるのはOLやビジネスマン風の人がほとんどでした。
私はそのまま帰りました。
posted by ダンベルドア at 01:19 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

阪神のイカ焼き

チェロと関係ないですが,大阪にいるということで梅田阪神百貨店のイカ焼きを食べました。

「食べたことある?」って聞かれて
「いつも並んでいるので」っていったら
「すぐに進むよ」
ということなので並んだら待つこと5分ちょっとだった。
一言で言うとイカ入りのたこ焼き味のお好み焼き?という感じ。
プレーンのと卵の入っているのと和風のと3種類食べた。ついでにたこ焼きも食べた。

これで今日の夕食は終わり。
冷蔵庫にある食材をどうしよう。
posted by ダンベルドア at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月07日

不自然な楽器

不自然な楽器の絵いま泊まっているホテルの部屋にある絵。これはヴァイオリンっぽいけど、楽器を見慣れてる目でみるとこの不自然さは有り得ないですよ〜
posted by ダンベルドア at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月06日

明日から

 明日から九州に出張。

戻ってきたら、週末は東京へ。

今週はチェロが弾けないので、何を弾こうかなと考えています。
posted by ダンベルドア at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

出張が多くなった

関西に異動してから生活もさることながら仕事のパターもずいぶん変わった。
 先月から一月の間に出張が6回。今までは外出が少なかっただけにあまりの違いにびっくり。

こちらにきてから1週間目には東京出張。
だったら引越しを1週間遅らせればよかったかな。

 突然「和歌山に行ってくれ」といわれて準備していたら「違った。徳山だ」。
 え。それ何県だっけ。
駅を降りたらすぐに海が見えた。
帰りに広島によって初めて広島焼きなるものを食べた。
かかっているソースが甘い。

先週から岡山には2回行った。
倉敷に行ったときはあの趣のある美観地区の町並みも歩いた。

あさってからは九州です。

それとトッパンには行くつもり。

もちろん。その合間に仕事はしてます。(笑)
posted by ダンベルドア at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月07日

お部屋探し

お部屋探しで、西に飛んだ。

10件近く見て疲れました。

会社からの補助は限度額があるので家賃と場所や広さ、設備など全ての条件を満足するのは無理みたい。

いいなと思うのは足が出るし。

ということで迷っていてもしょうがないので決めました。

あと包丁、タオルとか洗剤とかこまごましたもの。これはうちの近くで買った。宅配便で送るつもり。これだって時間があるうちに買っておかないと引っ越してからすぐに生活できないと思ったから。

ということでチェロを弾いたのは少しだけ、ハイドンのコンチェルト、美しい曲だけど優美に弾くのは練習が必要。

 転居先の近くの情報をネットでいろいろ見ていたらあるオケで弦楽器奏者募集とあった。いってみようかなと思って募集要項見たら「オーディション5分くらいの自由曲。エチュードでも可」とあった。そういわれると適当な曲が浮かばないなあと思いながら今日はバッハを弾いていました。
posted by ダンベルドア at 00:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月13日

人がぶつかってきた事件でした

 チェロと全く関係ない記事なのですが、今日あった事件を書きとめておきます。
 帰り道歩いていると前からきた若い男がいきなり擦り寄ってきてわざとらしくぶつかった。そのとき彼は手に持っていた携帯を落とした。
「あ。どうもすいません。」向こうからぶつかってきたのだが一応丁寧に謝ってしばらくしたら彼が追いかけてきた。
「ぶつかって携帯落として、こんなになった。どうしてくれるんや。」
みると液晶がこなごなにわれていた。怪しい!
「謝ってすむもんやない」
連れがいて「もう使えないしデータも飛んでる。こいつがこんなに怒ってるんやからなんとかしたらどうなんや」
茶髪で口ピアスの男。

これは恐喝だ。自分は簡単に済ませるつもりはなかったから
「そんなのおかしいやん。交番行って話そう。」
「ぶつかったんだからどうにかするもんや。」
「1万円弁償せい!」
「そんなのしないよ」
「かったばかりの携帯や」
「ちょっと見せて」
手にとってみると塗装が擦り切れてぼろぼろ。
「じゃあ半々でどうや」
値切ってきた。
「いいから交番行こう」

そうやって押し問答5分以上。
「金なくて出す気ないんやな。ほならあやまってもう行けや」
といったので黙ってそのまま別れた。

その足で駅前の交番へ
「恐喝があった」
「暴力はふるわれたのか」
「それはないが」といって一部始終を報告してきた。
「なんかあったらどこからでも110番下さい。すぐ行きますから。」

おそらくすぐに金で解決する人多いんだろうな。と思います。
そういう人ねらいだったようです。
まあ命の危険を感じたらどうしたかわからないが。

posted by ダンベルドア at 00:26 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月12日

思わぬ知らせ

 大学でて○十年。
もうずいぶん前からそろそろ自分はチェロを再開するんだと思っていた。
去年チェロを実際に実家の押入れから引っ張り出したのは娘の言葉を口実にしたのだが、もうひとつはネットから得られる情報なのです。
いろいろな方のブログやホームページを見て、アマチュアとして実際にチェロを今やっている方にきっかけを頂いたといえる。

実はその前から良く見ているサイトに風呂出Freudeという全国のアマチュアオーケストラのホームページの大リンク集がある。
そこでもしオケで弾くんだったらどこが良いのだろうと、もう4〜5年考えている。場所、練習時間、家族の同意、条件は非常に厳しいのだ。

またかつて一緒に弾いていた人がどこかのコンマスだったり、弦楽器製作者になっていたり、コンチェルトのソロを吹いていたりと活躍している名前を発見することもある。

そこでまた今日もFreudeをみていたら、あるオケが練習2回で出演できるコンサートの出演者を募集していた。締め切りは過ぎていたが、それとは別にひとつの訃報が載っていた。メンバーがなくなられて追悼の記事だ。つい最近だ。

びっくりした。

高校のブラスバンドでお世話になった先輩と同姓同名。楽器は違ったがその小さな写真を見るとやはりその先輩のようである。もう何十年もあっていないが、かれは高校の頃からおっさんぽい感じなので写真でよくわかった。
詳しく書いていないが、逝くにはまだ早すぎる。
何があったのか。
そんなことでパソコンの前で固まっていました。
posted by ダンベルドア at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。