最近の記事

2008年01月15日

弦楽器奏者は指がいのち

昔歯磨きのCMに「芸能人は歯がいのち」とあった。
自分は趣味でチェロを弾くだけだが、
「弦楽器奏者は指がいのち」
ではないかと思います。

10年位前に左手小指のじん帯を切断したことがあった。
全然痛みは感じないのに、一回指を曲げると曲がったままで自力で戻せない。
その時はもうずいぶんチェロを弾いていなかったのだが
「もうこれで弾けなくなったのかな」と思いました。

もっと前には工場の機械を修理している時にベルトコンベアに巻き込まれたこともあった。
その時は傷が治ってからもしばらくの間左中指が横に曲がっていました。

こんなことを思い出したのもちょっと前引出しを閉めた時小指をはさんで出血した。
・・・・・・自分でやったんだからただのドジです。
しばらく指を曲げると痛かった。

チェロは本当に左指を酷使する。
特に小指の頻度がどうしても高い。
一番よわい指なのに。
なのにいい加減に押さえると音が悪くなる。
長くやっていると鍛えられるんだろうか。

それと左親指で弦を抑える外側の部分。
今はタコみたいのが出来て楽になったけど、初めは痛くて演奏どころではなかったです。
ただし、今でも長時間親指を使うと関節が痛みます。
無駄な力をもっと抜く工夫をしないと指が故障しますね。
posted by ダンベルドア at 00:01 | Comment(2) | TrackBack(1) | チェロの練習
この記事へのコメント
ひーーーー、ベルトコンベアとか、考えるだけで痛そうですね。
私もチェロを始めてから、前よりも気をつけるようにはなりました。アカギレによくなるのですが、必ず手袋をして、ハンドクリームは惜しみなく。あと、左手人差し指の間接が痛いことがあります・・・。

こんなのが出るそうですヨ。
http://theremin-unv.com/LIVE.html

Posted by ちびっつ at 2008年01月17日 20:23
ちびっつさん

こんばんは

>アカギレによくなるのですが、必ず手袋をして、ハンドクリームは惜しみなく。

あかぎれの指で弦を押さえるのも痛そうですね。最近CMでアカギレで指がぱっくり割れているのを良くみるのですがいかにも痛そうです。

>あと、左手人差し指の間接が痛いことがあります・・・。

拡張で人差し指を押さえると関節に無理がかかる感じがしますね。

これはテルミンの教則本ですね。
やはり基礎があるのですね。
そういえば最近youtubeでテルミンminiの演奏をよくみますね。あの楽器でよくやるなと思います。
Posted by ダンベルドア at 2008年01月18日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78518171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

全訳ハノンピアノ教本 全音ピアノライブラ
Excerpt: この本は、独学の方も、レッスンをうけている方も避けては通れないでしょう。リズム練習の例も細かいので私を含め周囲でも、他社の物より全音を使う方が多いですね。まず、片手ずつゆっくりと1音ずつ指の重さを感じ..
Weblog: ゆめの日記
Tracked: 2008-02-08 17:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。