最近の記事

2013年03月18日

チェロもマイクを使ったらどうか

チェロは音が小さい。ピアノの音量には勝てません。だとしてももっと楽器を鳴らすことを求められます。クラシックの世界ではマイクは使いません。去年ストリートライブでは初めてのマイク、PAの使用に戸惑いました。楽器が鳴っているのかよくわかりません。通常ホールに反響した楽器の鳴りを聴いて音色や音程も作るので、それがわからないと下手になってしまいました。


クロマチックハーモニカを練習していますが、これはジャズ・ポピュラーのジャンルなのでマイクを手で包み込むように持って練習する事を推奨されます。
先日地元のライブハウスで初めてマイクを持って演奏しました。結構難しかった。

ハーモニカのマイク使用はかすかなピアニシモのニュアンスを出すためだそうです。

チェロもマイクをつけて、鼻歌を歌うように軽〜く弾いたら新たな境地が開ける気がします。溝口肇さんはそんな弾き方に聴こえるのですが、違うかな?

でもマイクに慣れ過ぎて普通にピアノと合わる音量が出せなくなったら困りますが。
posted by ダンベルドア at 19:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お久しぶりです^−^

生音にこだわらないのであれば、
自分の望む音色を生み出したいのならマイクはありじゃないでしょうか。
溝口さんはマイクやスピーカーをご自分でたくさん持っていて
コンサートやレコーディングもそれを使っていますよ。
マイクを通しての音色を考えて弾いているでしょう。

まあご本人も現在はマイクを使った弾き方をしているので
オーケストラとの演奏はちょっときついそうです・・・
実際TVで聴きましたがホールでの生音は確かに苦しそうには聴こえますね^^;

それでも私は溝口さんの音は大好きです♪
Posted by スイ at 2013年03月19日 23:20
スイさん

お久しぶりです。チェロは弾かれていますか。やっぱり溝口さんのファンのスイさんですね。チェロではないのですが、知り合いが今度CDデビューします。その中の一曲が溝口さんの曲でレコーディングには溝口さんも参加されているそうです。

今度その時の様子をうかがってみます。
Posted by ダンベルドア at 2013年03月20日 08:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。