最近の記事

2013年02月27日

ソフト弦に張り替えてみました

知り合いからラーセンのA、D線ソリストのソフトを弦を頒けて頂いたので張り替えました。

弦は何故同じ製品で強さが違う種類を揃えているのだろうか?ある工房のホームページでは「メーカーは音量、音色、弾きやすさでベストのバランスのものをミディアムとして製品化しているのでミディアムを選ぶべき」みたいに書いてあったと記憶していました。

弦長の短い楽器はハード(シュタルク、フォルテ)長い楽器はソフト(ヴァイヒ、ドルチェ)が良いかもしれない。

私はそれまでは同じラーセンソリストのミディアムでした。A線は輝かしい音ですがちょっときつく聴こえるきらいがあったのが、ソフトに替えたら角がとれた感じになりました。ラーセンミディアムとヤーガミディアムの間くらいの感じ。弓もコントロールしやすくなった気がします。

でもD線のソフトはおとなしすぎる気がします。私の楽器では音がぼけてる。D線はミディアムでA線がソフトにしたらちょうどいい組み合わせになりました。
posted by ダンベルドア at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/332288804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。