最近の記事

2012年11月15日

この方法なら弓を駒に近づけて弾くことができそう

楽器店でお勧めのとても高い楽器を試奏しているときのことです。
「音だけ聞いているとプロみたいですよ!」といわれて,これは営業のお世辞だなと思いながらも,自分の音をほめられて喜んでいたのですが,よくよく考えてみるとこれは「楽器の音がいいでしょう」という意味だと気づきました。
そうだよねORZ

ところで,チェロはここぞとばかり張り詰めた音で鳴らす時や、フォルテでロングトーンがある時は駒に近い場所を弾けといわれます。以前、「夢のあとに」のクライマックスで「そう。そこです。その音です!」といわれたのは駒から1センチくらいの場所でした。

でも、これは無理しているというか、かなり意識して弾いている感じです。だからムダな力が入るし、聴いているほうもなんか苦しく感じます。下手するとなんかの拍子にうっと弓が止まったりしてしまいます。
松脂の白くついた跡を見ると,大体普通のときでもどんどん弓が指板のほうに上がってきています。

駒に近づけて弾こうとすると,弓を下のほうに押し付けてしまうのですが,これは逆効果みたいです。音が悪くなります。ここで,例の弓を手前に引きつけるようにして弾く方法だと,駒寄りでも楽にきれいに音がでるようです。弓の毛は傾けないようにします。また,普段から音階などであえて駒寄りを鳴らす練習をすることで楽器がその鳴り方を覚えてくれるそうです。

これならプロの音みたいと自画自賛。演奏レベルはプロじゃないけど。

posted by ダンベルドア at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ奏法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301953489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。