最近の記事

2012年09月28日

ボーイングはプールに浮かぶ発砲スチロール

チェロのボーイングではプールで水面に浮かんでくる発砲スチロールを常に一定に沈めるようにといわれた事があります。

弓は押さえつけるのではない。でも必要なエネルギーはしっかり伝えなければならない。

♪♪

張力で浮き上がってくる弦を一定の深さにキープするイメージでしょうか。
posted by ダンベルドア at 08:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロ奏法
この記事へのコメント
この例えははじめて聞きました。
なるほど、面白いですね。
今度イメージしてみます。
Posted by たこすけ at 2012年10月01日 11:16
たこすけさん

ちょっと油断していると発泡スチロールが浮いてきます。油断していると一応音は出ているが、楽器が鳴っていません。
Posted by ダンベルドア at 2012年10月01日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294550819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。