最近の記事

2012年03月21日

ちょっと残念だが

昨日あるところで弾いたのだが自分自身ではちょっと残念でした。
ちょっとした事故があったのはいつものことなのでまあいいかですが、発音も音程もリハーサルの方が良かった。

良かったのは極力ホールの響きを聴きながら楽器を鳴らす意識があったこと。極力大きなボーイングで意識的にリラックスを作り上げたこと。

終わった後である人が私のところにやってきて
「良かったですよ。いい音でした。」
とのコメントをいただいた。アンサンブル仲間からは「リラックスしていい演奏だった」と書き込みしてくださったし、ピアノのパートナーからは「今回は良かった」と意外でした。

自分では残念だったのですが録音を聴くと思ったほどにはひどくない!

いつも弾いている時まあまあかと思っていても、録音を聴いてがっかりのことばかりなのに、今回は逆にそんなことはなかった。

先日ある新進チェリストと話したことですが、弾きながら録音を聴いているように客観的に聴くのは難しい。今回は少し近づいた気がします。


posted by ダンベルドア at 23:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 出演
この記事へのコメント
自分の音の聞き方やボウイング、
リラックスへの新しいチャレンジが良い結果につながっていっているようで素晴らしいと思いました。
「残念」という自己評価は
リハーサルの録音と比較された上でのご感想ですか?
Posted by えにお at 2012年03月24日 06:12
えにおさん

リハーサルとその前の練習より本番は緊張が出てました。今回それが音色に出ないようにボーイングで挽回したのですが,やはりちょっと残念でした。
Posted by ダンベルドア at 2012年03月25日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック