最近の記事

2012年03月10日

ピアノ合わせ

日曜日にチェロを出して練習。外は雨だし、部屋で消音器をつけて弾くしかない。これでは今必要なしっかり楽器を鳴らす練習にはならない。

フィガロを序曲から通す。

とりあえずフィンガリングとボーイングの確認。めちゃめちゃ速くて、しかもフラット系で弾きにくいところがある。

結局親指使用で簡略化を図る。モーツァルトだって親指を使って悪い訳はない。

全部終わらない。一応2幕まで弾いて終わり。オペラは長いので練習はたくさん必要です。

夜は芸文でピアノ合わせ。無伴奏以外の曲は合わせて初めて完成形となる。でも合わせたら問題は自分にあることがよくわかります。ピアニストにはこれで慣れていただいて、あとは遊びの曲です。

ということで、タンティ・アンニ・プリマ、リベルタンゴ、オブリビオンとピアソラ3曲を合わせました。

リベルタンゴとオブリビオンは鍵盤ハーモニカをバンドネオン代わりにして吹きました。鍵盤ハーモニカの音はタンゴにぴったりです。子供が小学校の時使っていたもので音程はひどいですが音の雰囲気は悪くないです。
posted by ダンベルドア at 19:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェロの練習
この記事へのコメント
鍵盤ハーモニカ、なかなかでしたよ!(笑)
Posted by miki at 2012年03月16日 20:40
mikiさん

クラシックのソナタも良いですが、こういう即興的なセッションも好きかも。
Posted by ダンベルドア at 2012年03月16日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。