最近の記事

2012年02月22日

音にこだわらないと

どうも私の弾くチェロの音はちゃんと鳴っていないらしいということにようやく気がつきました。

らしいというのは人にいわれて自分では「そうかなぁ」と思う程度の認識だからです。自分の音をこんなものかと思っていましたが、全然違います。

フォルテは弱いし、ピアノは音が安定していない。ピアニッシモでも弦はしっかり振動し楽器に伝えなければならない。

やはりこの点は部屋で消音器をつけて遠慮がちに弾いていたらダメだな。
練習不足だとオケの中でもそんな弾き方になってるし。

楽器の構え方、ボーイング、右手の重み、左手の重み、ビブラート…みんな課題がありますが、耳を変えないといけないでしょう。音に対する構えというか聴き分けの視点を変えなければならない。

人が弾いているのには気付くし、自分のも録音を聴けばしょぼいなと思うのですが、リアルタイムで弾いている音にたいしては甘いのです。これからは耳を澄ませようと思います。
posted by ダンベルドア at 00:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | チェロの練習
この記事へのコメント
コーラスの場合は自分の耳を空間に持っていくような感覚で音をキャッチしてましたけれど。
最近、録音を始めたばかりです。
リアルタイムで自己モニター出来たらすごいでしょうね。
それこそチェロバウアーも良い手がかりになるのではありませんか。
Posted by えにお at 2012年02月23日 17:36
自己モニター大切ですね。
最近、録音するようになってつくづく思います。
それがリアルタイムで出来るようになったらもっと素晴らしいことでしょう。
Posted by えにお at 2012年02月23日 19:41
えにおさん

そうです。録音を聞いてから気づくのは遅いですね。弾いている瞬間に気づかないと音にフィードバックできないですから。
あと3週間の目標です。
Posted by ダンベルドア at 2012年02月24日 01:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253464102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。