最近の記事

2011年07月08日

マラチェンのチェロアン

もうひと月経ってしまいますが、神戸であったチャリティーコンサートにいきました。

長いのでタイトルを省略してしまいました。正しくは

マーラーチェンバーオーケストラのチェリストたちとその仲間たちによる東日本大震災チャティコンサート

2011年6月13日
神戸朝日ホール

バッハ G線上のアリア
テレマン コンチェルト
アレクサンドロフ アリア
パッフェルベル カノン
モーツァルト アヴェヴェルムコルプス

ブラームス クラリネット五重奏曲 op116

An Irish Bleesing
マーラー 交響曲2番 4楽章 「原光」
マーラー 交響曲5番 4楽章 「アダージェット」

Chessidischer Waltzer
ムーンリバー
マイファニーヴァレンタイン
You always hurt the one you love
Be my love
BelAmi
LoveStory

アンコール 鳥の歌


たくさんの曲を2時間にわたり美しい音でやっていただいて満喫しました。しかもエアーやカノンなど今までやった曲やこれからやろうとしている曲が何曲もありました。
ムーンリバーとかラブストーリーとか今の若い人は知っているかな?

チャリティーということで出演者はボランティアということです。
チェロアンサンブルだけでなくブラームスのクラリネット五重奏曲が素晴らしい情熱的な演奏でした。ドイツの演奏家によるブラームス八分音符は良いですね。

クラリネットの消え入るようなpppから顔を紅潮させたfffまで引き込まれました。私は最前列にいました。

そのクライマックスでバタバタと足音を響かせてステージの前を駆け抜けた女性がいました。私がSPなら即取り押さえたことでしょう怒り(ムカッ)
実際はあっけにとられただけでした。

またチェリストが左手に白い手袋(指先は黄色・・・ゴム?)をして弾いていたのも初めて見ました。何かの効果を狙っているのか、何かのご事情があるのかわかりませんが,音はしっかりビブラートもかかっているし全く普通のチェリストと変わりませんでした。いや普通以上に熱演です。
posted by ダンベルドア at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD・ビデオ・コンサート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213783361
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。