最近の記事

2010年10月27日

オケで一人弾き

昨日のオケの練習ではなぜかチェロは私一人。それもメインホールでトゥティ。練習といえどもホールで一人で弾くのは大変気持ち良い。

曲はドボルザークの新世界。出だしはまさに自分のソロで始まる。ここだけでもとても勉強になりました。まだ楽譜をもらってなかったので、家では一度も練習していない。これは学生の頃一回やった事があります。だから比較的すらすらと弾けました。こんなに弾きやすい曲だっけ?やはり年の功かな。知らぬ間に基礎力がついている気がします。

学生時代に4年間チェロ弾いて、途中ブランクがあってチェロを再開して4年間。練習量は少なくともやはり継続は力なりと思います。
posted by ダンベルドア at 11:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | オーケストラ
この記事へのコメント
大勢人がいる中、一人で弾いて気持ちよいとは! うらやましいです。
Posted by ひろじ at 2010年10月27日 23:18
ひろじさん

オケでチェロを聴くときは通常ずっとユニゾンで弾くので自分の音が良くわからないことが多いのです。そういうことなので一人で弾くのはストレスがなくて気持ち良いですよ。
Posted by ダンベルドア at 2010年10月28日 07:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。