最近の記事

2010年08月18日

シンコペーションの練習

ほとんど拍子の頭を弾くチェロにとって、裏打ちだけが続くシンコペーションは苦手。いや自分だけか?

常に頭の拍を意識します。口で歌ってみるとよいです。口で歌うときは頭を動かさない。

口で歌えたら弓で弾けます。口で歌うときの腹筋のわずかな緊張を楽器を弾く時も同じように。口で歌うときの息のスピードを弓のスピードに置き換えます。弓が速いことが多いです。

メトロノームと合わせてみるのも宜しいでしょう。メトロノームの機械的なテンポがよい訳ではないが、揺れ動く自分のインテンポ感をチェックするにはよいでしょう。

以上,今日教えていただいたことです。


メトロノーム買うなら電子式でもいいけど,腕が振り子のように振れるのが味があっていいなあ。
タグ:チェロ
posted by ダンベルドア at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(1) | チェロの練習
この記事へのコメント
初めまして、ちびこ♪と申します。
チェロのシンコペーションをみなさんはどう練習されてるのかしらと検索してたらこちらのブログに・・・。
本当に難しいですよね。私はなかなかコツがつかめずです。
Posted by ちびこ♪ at 2011年05月28日 18:56
ちびこさん

チェロを練習されていらっしゃるのでしょうか。お役にたてましたか?

またお寄りくださいね。
Posted by ダンベルドア at 2011年05月29日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

シンコペーションと裏拍
Excerpt: シンコペーションの練習 [日曜チェロ弾き無伴奏日記 ダンベルドアさん] ほとんど拍子の頭を弾くチェロにとって、裏打ちだけが続くシンコペー...
Weblog: 善福寺手帳
Tracked: 2010-08-19 20:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。