最近の記事

2010年04月27日

楽器を拍手代わりに?

オケのコンサートで例えばコンチェルトのソリストとか、重要なソロを吹いた奏者に向かって拍手の替わりに楽器を叩くことがありますね。あるいは足を踏み鳴らすこともあります。

楽器が手でふさがっているからという理由だそうです。弦楽器や管楽器のマウスピースを

でも私ははっきり言ってこれはあまり好きではありません。
学生の頃は調子に乗ってやっていましたが・・・
なんか楽器を叩くのは横着者みたいで・・・。

それに楽器を叩くなんて楽器に失礼です!
って、あるストラディヴァリウスのチェロがマエストロに言ったそうです。
・・・もしかすると幻聴?
私も自分の楽器をその用のためにたたきたくはありません。もちろん叩いて楽器が傷むわけではないのですが。

チェロの場合には右手は弓を持っていますが、拍手できないことはありませんので拍手して差し上げます。むしろそうやって手を叩いて見せることが、ソリストにとって賞賛を態度に表せるような気がします。

といって私は慣習を非難している訳ではありません。皆さんがやるのを止めるさせる気もありません。
posted by ダンベルドア at 00:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | オーケストラ
この記事へのコメント
空いている方の手で足をたたいている人もいますね。
それから膝の上に弓を置いて、両手でしっかり拍手している人も。
楽器をたたくのはねえ・・・
Posted by えにお at 2010年04月27日 10:22
えにおさん

>膝の上に弓を置いて、両手でしっかり拍手している人も。

これが一番好感持てますね。
Posted by ダンベルドア at 2010年04月28日 07:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。