最近の記事

2009年11月27日

音程がおかしいのは薬のせい?

オケから回ってきたメールにこんな一説がありました。

“これからの季節、体調を崩してお医者さまから薬を処方さ
れることもあるかと思いますが、咳止め薬「フラベリック」にはご注意なさって下さいませ。半音ズレて聴こえる副作用があるようです。全員そうなるという訳ではないでしょうが、念のために…。”

ぐぐって見るとどうやら絶対音感を持っている人が服用すると,半音低く聞こえるらしい。たとえばAがGisに聞こえてしまうとか・・・

僕は絶対音感はないが,チェロの開放弦とか聴きなれている音は記憶しているのでそうなったら気づくだろう。

「チェロ!そこ音程!」といわれたら咳止めのせいにしたりして・・・
posted by ダンベルドア at 19:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽メモ
この記事へのコメント
ぷ。飲まなくてもずれてるひとは、飲むとさらにずれて正しい音にもどる?!
飲もっと♪
Posted by mototyo at 2009年11月28日 08:43
mototyoさん

おもしろそう。

試してください(笑)
Posted by ダンベルドア at 2009年11月28日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134072363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。