最近の記事

2013年06月12日

変なところで弦が切れた

HI3B2541001.JPGチェロの弦を緩めたら何故か弦が切れました。切れたのは丈夫なハズのラーセンソリストのD線ミディアムです。

よく見ると端のアジャスターに引っ掛けるところで、金属のローラーみたいのが外れています。

他の場所は使えそうなのでギターの弦みたいに結んで再利用できそうです。でも危険そうだからあきらめるか。3年くらい使ったから元が取れているし(笑)
posted by ダンベルドア at 21:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月05日

えい破綻調

ショパンのノクターン20番遺作をチェロで弾くことになりました。

レッスンでは、ゆっくりした曲は大変難しいからといつもいわれていますが、諸般の事情によりまたスローな曲を選んでしまいました。

楽譜は自分で編曲しました。ピアティゴルスキーのチェロ版もミルシュタインのバイオリン版も、カデンツァのところで現曲の4分の3拍子のスペイン風の部分をカットしているからです。そしてモルクのCDが省略していないことがわかりました。もう楽譜作った後ですが。

ちょっと弾いてみましたが嬰ハ短調は音程が取りにくいです。気がつくとずれて破綻しています(笑)。絶対音感ならぬ大体音感のためにずれると戻らないのです。だからこれはとても練習になるでしょう。
posted by ダンベルドア at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。